スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner_12.gif
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リンコとイギリス行ってきたよ 最終話 

ホルマリンな日常にはリタリン~

電波ソング中毒.近いうちにMOSAIC.WAVのCD買おうか思う.




らすと!



19日後半.


マーケットを出たら昼くらいになっていい時間だったから,飯食って,ホテルへ荷物を受け取りに.
ロビーの人に下手くそな英語でお礼を言ったら喜んでくれた.よかった.

あ,言ってなかったけどホテルの名前は「ホテル・カリフォルニア」でした.
イーグルスじゃんwwwというのもあってここにした.
あの曲は流れてなかった.残念すぎる.

それにしてもホテル・カリフォルニアは名曲中の名曲だよなぁ.
音楽の良し悪しってのは主観によるものだから,「名曲」とか「いい曲」という言い方はあまり好きではないのだけれど(音楽に限ったことではない)
あの曲は名曲だといえる.
曲として完成されてるというか,1つの極みにあるというか,アルバム1つぶんの聴きごたえがある
と私は思うのです.




さて最後の地下鉄に乗って,昼過ぎにヒースロー空港へ.
帰る寂しさよりも,日本へ帰れる嬉しさのほうがちょっぴり大きかった.

混雑することで世界的に有名なヒースロー.
入国審査の悪夢のこともあって,フライトの4時間前には空港にいた.

が,すげー空いてるwどういうことw
福岡空港の方が100倍混んでたぞ.

あまりにひまだった.
したらシンガポール人のおばさんが話しかけてきたから,ずっと話してた.
リヴァプールでもそうだったけど,英国のおばさん優しい.や,この人はシンガポール人だけど.
イギリスでおばさんたちと話したのはいい経験になった.おばさん最高.

だが,ごめんよおばさん.おれは見た目が15歳以下じゃないとだめなんだ.ブロンドは評価できるが.
あなたが旧スクでランドセルが似合う女の子だったら,スーツケースに入れて日本に連れていってあげたのにな.
いやむしろおれもいっしょにスーツケースに入ってだな.


狭い空間で仕方なく密着.
暑い.
喉が乾いた.
眼前には白い脇,滲む汗・・・

(^ω^)




なんとか時間を潰して,出国審査へ.
一瞬でした.
あの入国審査はなんだったんだ.

飛行機に乗り込む.帰りも大韓.
席についたら,どっと疲れが出た.やっぱ緊張してたんだな.

飛行機が途中でけっこう,というかかなり揺れてた.
おれが窓際で,隣の席が英国婦人で,前の席にその人の息子(小学生くらい)が座ってたんだけど
婦人が前の座席の隙間から手を入れて,息子の手を握ってた.

ママ『トム!だいじょうぶよ!手を握ってるからね!』

トム『ヘイ!ママ!めっちゃ揺れてるよ!最高にクールじゃん!ヒャッハー!!落ちるぜー!!!』

ママ『ト,トム!しししししっかりママの手を.あッ離さないで!しっかり掴みなさいッッ!!!』


ママwww





20日.
ロシア上空.早朝.
CIMG0241.jpg

朝焼けを切り裂くウィングレット.

ロシア寒そうすぎる.
赤い点はなんだろう.けっこうポツポツあった.

まじロシア行きたい.ドイツに次いで今行きたい国.

そういや旅行の途中からほとんど写真撮らなかったな.



どこでもいつでもいくらでも寝れる程度の能力で,一瞬で韓国インチョン空港に.
やっぱり臭かった.ここで乗換え.

席についたら,韓国美女のアテンダントが聞きなれない言葉で話してかけてきた.


美女「スイマセンオキャクサマ」

おれ「?? Excuse me?         (はっ!しまっ)」

美女「Oh,sorry.peraperaperapera」


まずったw最後の最後にw
好意を捨てた上に,墓穴を掘った.
結局,とある夫婦の席が別々になっちゃったからそこ代わってほしいなってことだった.
優しいおれは変わったげた.




日本時間午後8時.
そして,やっと,ついに,福岡空港到着.
飛行機であほみたいに寝てたから,あんまり疲れてなかった.

家族が迎えに来てくれてた.そのまま空港近くの天ぷら屋に行った.
おいしすぎた.
米うまい.味噌汁うまい.天ぷらうまい.漬物うまい.お茶うまい.天つゆうまい.天ぷらの衣うまい.



フィッシュアンドチップスより,天つゆと天かすとごはんのほうがうまい.
これがイギリスのすべてだ.

また行こうな.リンコ.


/~ ヘヽ
リ/__・リ <よっぽどヒマなんだねーってうそうそ.もっとリンコと旅行しよ?





ーあとがきー

あぁやっと終わった.
ってもう半年たったのか.だらだら書いてごめんなさい.
旅行日記のせいで,いくつものネタが過ぎ去っては消えていった.

そういや残った20ポンド,まだ円にしてないや.
しようにもポンド安すぎwww
興味があったら,ここ数年の円-ポンドの推移を見てみるとおもしろいと思います.
スポンサーサイト
banner_12.gif
[ 2010/09/17 23:57 ] イギリス | TB(0) | CM(8)

もう半年か.リンコとイギリス行ってきたよ 6話目 

あーチャリほしいんだが.





いぎりす.やっと...最終日だ...

19日.
早めに起きてチェックアウト.天気はくもり.
帰りの飛行機まで時間があったから,バッグをホテルに預けて出かける.


向かうはポートベロー・マーケット
地下鉄のウィンブルドン行きに乗って・・・え?ウィンブルドン?テニスの?
地下鉄路線図見ると,そんなに遠くなさそうってなわけで,急遽ウィンブルドンに行った.
行き当たりばったりすなぁ.

地下鉄で30分,ロンドン郊外のサウスフィールズ駅で降りる.
ちなみに,ウィンブルドン行くのにウィンブルドン駅で降りると,すげー遠回りです.
分かりにくいよなあ.

イギリスっぽいちっちゃな家の街並みをてこてこ歩くと,テニスコートに到着.
なんか住宅街の中にふつーにあってびっくりしたw



とりあえず,敷地内のウィンブルドンミュージアムなるところに行く.
むかーしからのトロフィーやら木のラケットやら.
CIMG0236.jpg

真っ白なジャージやら.
言わずと知れたフェデラーのものですね.2008年の決勝ナダル戦に着たんだっけか.
おれはナダルが好きなんだけど.
右のは・・・誰のだ?セリーナ?

そしていつもどおり誰もいなかった.



ミュージアムを出て,ぼーっとうろうろしてたら「Stop!Stop! Hey!!」って遠くで警備員のおっさんが叫んでた.

なにいってんだ,こいつ,って思ってたら,まわりはおれ以外誰もいないのよね.
ということは,誰に向かって叫んでるかって,ひとりしかいないわけで.

で,おっさんとこ戻って行ったら,あんまりうろうろしたらダメで行けるところが決まってるんだと.
ごめんよ.おっさん.きちがいかと思ったぜ.


おっさんに誘導されて,センターコートへ.
CIMG0240.jpg

おおう.すげー.
ああやって光をあてて,芝の状態を保ってるわけだ.
りんこかわいい.

このあと雨がちょっと降ってきて,天井が閉まっていくのが見れた.

センターコートをでたら,もう見るものもない,というかまたおっさんに怒られるのがイヤだったから帰った.





そのあとは当初も目的通りポートベロー・マーケットへ.
いわゆる朝市みたいな.アンティークものとかあるよ.

とりあえずうろうろ.
ちょっと雨降ってて人少ない.
古臭い顕微鏡があって欲しかったけど,お金なかったから買わなかった.

昼ぐらいになってマーケットを脱出.あとは帰るだけだ.





いままで,いろいろあった.
でもまだ強大な敵は残ってる.これからも戦いは続くだろう.
それでも俺は前に進まなくちゃいけないんだ.

もう俺は止まらない!
俺の戦いは,まだまだ続くぜ!!!




ご愛読ありがとうございました!あかあぺ先生の次回作にご期待ください!!







というわけにもいかないので,次でイギリス最終回です..

/~ ヘヽ
リ/__・リ <感動の最終回! banner_12.gif
[ 2010/09/08 04:42 ] イギリス | TB(0) | CM(2)

リンコとイギリス(と熱海)行ってきたよ 5話目前編 

思い出したように更新.



土曜と日曜は,肉体は家に置いて,凛子と熱海に行ってきました.

金曜には,土日家から出なくていいよう食べ物買い込んで準備万端.
土曜は朝8時に起きた.休日に午前中に起きるなんて何年ぶりだろう.

土曜の深夜まで凛子といちゃいちゃしたにも関わらず,日曜は7時に目が覚めた.
日曜朝の特撮を見るなんて何世紀ぶりだろう.
ハートキャッチプリキュアが意外とおもしろかった.


いやもう本当に楽しかった.
最高の夏の思い出ができた.

最近はほんとやばいな.凛子抜きでは生きれない.
なんだろうな.「いとおしい」ってのはこういうことなんだろうな.





さて
去ること4ヶ月.イギリス.
誰も期待してないだろうけど,ほっとくのもあれだからちゃちゃっと終わらせよう.


18日
朝起きて,朝飯はホテルでイングリッシュブレックファースト.
というかっこいい名前ついてるだけで,目玉焼きからトマトやらパンやらコーヒーやらのなんちゃない朝飯.


今日の目的その1はロンドンでビートルズ巡り.

まずはロンドン中心部から少し離れたところへ.
目指すは世界一有名な横断歩道.
駅から徒歩5分のところ,おれは40分かかりました(てへっ☆

迷った末アビーロードスタジオに到着.
CIMG0192.jpg

ビートルズが録音に使ってたスタジオ.他にもピンク・フロイドとかも使ってたそうな.
今でも現役.


観光客がいっぱい.
CIMG0190.jpg
CIMG0191.jpg

落書きしてます.


そしてスタジオの前では
CIMG0197.jpg

何やってんでしょうかこいつら.

それはここが世界一有名な横断歩道だからです.
CIMG0201.jpg

わーい.アビーロードだぁ

凛子さんといっしょに.
CIMG0205.jpg

ぼやけてるううううう(´・ω・`)


ここは見た目以上に通ってる車が結構多い上,観光客だらけだから,タイミング見計らうのがむずかしいのだ.





さて次はロンドン中心へ.
この何の変哲もない建物.これが見たかった.
CIMG0207.jpg

ここは旧アップルビルってとこで,ビートルズがゲリラライブを行ったとこ.
これが彼らの最後のパフォーマンスとなる.ルーフトップコンサートって呼ばれてる.

これが例の.


野次馬とか警官とかわらわらw

そういや観光客だれもいなかった(´・ω・`)




で街中うろうろして昼飯.
イギリス名物,フィッシュアンドチップス.
CIMG0214.jpg

はい.ふつー.
朝飯からも分かるが,これが名物という時点でやっぱりイギリス料理は...ってのが分かる.
しかもこれだけで10ポンドぐらい取られた.たけーよ.




この後は飛行機を見に行ったんだけど・・・それはまた今度.


/~ ヘヽ
リ/__・リ  じゃ,また banner_12.gif
[ 2010/08/01 22:36 ] イギリス | TB(0) | CM(2)

リンコとイギリス行ってきたよ 4話目 

あああ忘れてきた.




17日
この日はロンドンを脱出して,ビートルズの街・リヴァプールへ.

出発準備をしたら,ユースホステルをチェックアウト.
この日の夜から違うホテルに移動するのです.と言っても歩いて10分ぐらいしか離れてないんだけど.
荷物だけ預かってもらった.



朝7時の電車で,ロンドン・ユーストン駅から出発.
ヴァージントレインです.

CIMG0118.jpg

イギリスっぽい風景が続く.





2時間かけて,リヴァプール・ライムストリート駅に.

さて駅について,向かうはアルバートドック内,ビートルズストーリーという博物館.
歩いて20分でついた.
が,開いてない.開くまで1時間ぼーっとしてた.


10時に開館.
おれと,あと数人のグループがいただけ.
中では日本語のガイドが借りれた.

CIMG0129.jpg

おお.

CIMG0133.jpg

へぇ.

CIMG0140.jpg

はー.


途中でI was the walrus,But now I'm john.て書いてあるとこがあった.
なんだか哀しくなる.




1時間ぐらいで脱出.
時間は11時.次の予定まで3時間.何すりゃいいんだ.

とりあえず街中をうろうろ.
ロンドンは,人種のるつぼで日本人もしょっちゅう見かけるんだが,リヴァプールはアジア系少ない.
ちょっと怖い.

適当にうろうろしてから,カフェで昼飯(サンドイッチ・・・)を食べて,またうろうろ.
ロンドンもそうだが,イギリスはそこら中にカフェがあります.
スタバもたくさん.




CIMG0141.jpg

若者の通りっぽいのを見つけた.
人がうじゃうじゃ.

ゲーム屋さんなんかもあって入りたかったけど,そのときの自分の格好が

上下ユニクロ,前にボディバッグ,後ろにリュック,リュックにはビートルズ博物館で買ったポスターがビームサーベル差し.

いわゆる,Traditional Japanese OTA Style だったから店には入らず.
ホテルに置いてきたジャケット着てくるべきだったなぁ,とちょっと後悔.

えらく上手でイケメンなストリートミュージシャンを眺めて時間をつぶす.




そして再びアルバートドッグへ.
ビートルズバスが来るまでベンチで本を読みながら待つ.
ちなみに本は「ジオン軍の失敗」.
技術者の目線で,1年戦争でのジオンのMSの開発・運用にダメ出しする本.おもしろかった.

本読んでたら,隣にイギリス老婦人が座ってきて,話しかけられた.
ぜんぜんうまく返せなかったけど,とっても楽しく話できた.

『あなたのその本,どう読むの?下から上?』

最初はなんのこっちゃと思ったけど,なんども聞き返してたら,なるほど,イギリス人は縦書きの本見たこと無いのねw
えらく興味深そうだった.
もっと話したかったなぁ.




そんなでビートルズバスが到着.
リヴァプール周辺のビートルズのゆかりの地を,ガイド付きのビートルズ仕様のバスで回ってくれるのです.

が,ガイドの英語が,これでもかってほど分からん.
きれいな英語でも分からんのに,クセのあるリヴァプール訛りの英語でしゃべられても分かるはずがない.
ガイドのジョークにみんな笑ってたみたいだったけど,ぜんぜん笑えないw
予備知識で,ここがどこで,ってのは分かったからよかったけど.

しかもバスがスポットを回るスピードがはええ.
あんまし感傷にひたれなかったw
1人でまわればよかった.あれはおすすめしない.

CIMG0158.jpg

まぁでも,いい雰囲気の街だったなぁ.




バスは街中で停車,解散.
すぐ近くにある,キャバーンクラブに向かう.
CIMG0166.jpg

CIMG0168.jpg

ビートルズが200回以上パフォーマンスをしたステージ.
なんだか雰囲気ある.
ステージではかっこいいおっさんがGetbackを歌ってた.

ビールをハーフパイント頼んで飲む.
真昼間からビール飲んで音楽聴くって最高だなぁ.

イギリスでは.ビールを頼むときは,ビールの種類を言わないといけません.
ラガーとかスタウトとかね.

ただ,おれは勘違いして,スタウトじゃなくてラガーのビールを頼んでしまった.
せっかくイギリスに来たのに,なんでラガーなんだよ('A`)
日本でいくらでも飲めるじゃねぇか.




ビール飲んでクラブを出る.
CIMG0176.jpg

クラブの前にはジョンの銅像.

ちょっと離れたところにエリナ・リグビー.
下調べしてないと気づかないところにある.

CIMG0177.jpg

クラブの周りでは若者がどんちゃん騒ぎ.
毎日こんなのなんだろうか.




電車まで時間があったからうろうろ.
したら,朝通った若者通りにまた出た.

日が傾くにつれ,人は増えていく.

朝歌ってたイケメンはまだ歌ってたw
声枯れてますよwww

そこらの屋台で適当にホットドッグを買って,そこらで適当に腰掛けて食べる.
なんだかイギリス慣れてきたかんじ.




あたりはだいぶ暗くなって,やっと電車の時間.
来たときと同じようにヴァージントレインでリヴァプールを後にする.
疲れたからずっと寝てた.



なぜか電車がやたら遅れて,ロンドン到着は10時過ぎ.
ユースホステルで荷物だけ回収して,急いで次のホテルへ移動する.
途中,おっさんに金をせびられたが無視.



10分後,ホテル到着.
ホテルの人は玄関開けて待っててくれた.
えらくいい感じの人で,

『あんた運がいいね!部屋は改装したばっかりで,使うのはあんたが1番さ!』

そう言って通されたのは,ホテルの奥の奥のそのまた奥.人をも寄せ付けぬ深い森がある.シシ神の(ry
ルームナンバーは「13」.

い,いや,そんなのどうでもいいさ.部屋はきれいだし.
お湯もちゃんと・・・・・・・でらんw いつまでも冷たいwww



リンコさんは満足してくれたようで.
CIMG0184.jpg

そんな格好で・・・もう辛抱たまら

    /~ ヘヽ
    リ/__・リ
 と⌒   ノて)  /∵. ・ ヽ(;;;)ω゜)
   (  __三つ  ;*;∵; ζ ⊂   /
    )  )   ._/; ̄,;ヾ ⊂___/


まぁでも3日ぶりの1人部屋はやっぱり快適.
ACLRも調子よく,4脚パルヴァライザーをドミナントソードの錆にしてやった.

がっつり800マシをばら蒔いて,就寝. banner_12.gif
[ 2010/05/09 02:05 ] イギリス | TB(0) | CM(0)

リンコとイギリス行ってきたよ 3話目 

そろそろ2週間たつのか.だんだん忘れてきたよ.

<注>
『』内は英語です.



16日
朝から大英博物館に行ってきた.
9時頃,ホテルから歩きで出発.



ロンドン大学の横を通った.
学生だらけ.
学生の登校時間と重なったらしい.
なんだかみんな頭良さそうに見えた気がする.



博物館行く途中,前を歩いてた英国っぽいばあさんがスカーフを落とした.
拾って「Excuse me」と声をかけたはいいが,後の言葉が出てこない.

もごもごしながらスカーフを出すと理解してくれたようで,えらく感謝された.
が,やっぱり受け答えができず,「おk,おk」言いながらescape.

後になってから,あのときこう言えばよかったじゃん,ってのが簡単に頭に浮かぶ.
そんなことが旅行中に何回あったかしら.




そして大英博物館に到着.
CIMG0059.jpg

CIMG0077.jpg

CIMG0089.jpg

ロゼッタストーンやら壁画やらミイラやら棺桶やら古い天測道具やら.
こりゃ何時間いても時間がたりんw


CIMG0085.jpg

読める!読めるぞ!!
これまで何人の日本人がこれをやったことだろうか.


CIMG0095.jpg

フラッシュ焚いてごめんなさい.そんなつもりはなかった.
デジカメ慣れてないもんで.



小学生とか中学生ぐらいの年齢の子どもがたくさんいて,結構がやがやしてた.
社会見学的なあれだろうね.

小学校低学年かそれ以下ぐらいのグループと,その大人のガイドの人がいて
グループの後ろでガイドの解説聞いてたんだけど,ほとんど理解できなかった.
このレベルでも分からんのか・・・('A`)


昼すぎ博物館のフードコートでサンドイッチ(またか)を食べて脱出.






さて地下鉄で移動.目指すは自然史博物館


このあたりでロンドンの地下鉄カード「オイスターカード」の解説をしようか.

こいつは,まぁ日本でいうSuicaみたいなもん.
金をチャージすれば,改札でかざすだけでスムーズに移動ができる.
チャージは自動改札機でするんだが,自動改札機はクレジットカードが使えるし,超便利.
駅にオイスターカードの自販機があるから,それで買いましょう.

前に述べたように,ロンドンの地下鉄の料金体系はゾーン制(ググりましょう)を採用している.
しかし,これがまた高い.
最悪,ピーク時は隣の駅までの移動に£4以上(約600円)かかったりするのである.

それがこのオイスターカードだと,とっても安くなる.
その上,1日の上限額が決まってて,1日で何回か乗って上限額に達すると,そこからはお金がかからず乗り放題になる.(※条件アリ)
携帯電話の定額プランみたいなもんだ.

いつかロンドン行く時があれば,オイスターカードの購入をおすすめするよ.





自然史博物館へ.
ちなみに相当迷った.駅から5分なのに30分ぐらいうろうろしました.
なんか地図見るのめんどくさくて,適当に歩いちゃうんだよね.



自然史博物館も立派な建物.
外観は,今回のロンドン旅行で1番気に入った.
が,写真はない.

CIMG0102.jpg

中は恐竜の骨格やら,動物の剥製やら,虫の標本やら.



あと,地震のコーナーがあった.
床が揺れて淡路大震災を体験できるってやつ.

可動式の床の上に,日本のコンビニを模したようなセットが作ってあって
棚には日本のカップ麺やらお菓子やらおもちゃやらおみやげやら.
なんとも言えない違和感.

BGMは正月の「春の海」.
なんか違うwどこかは分からんがなんか違うぞwww

あと床の揺れはしょぼかった.震度3ぐらい.



ここで夕方まで過ごして,地下鉄でホテル近くの駅へ.
晩飯に,駅のフードコートでサンドイッチ的なのを買う.
あと水が欲しかったから店員のねーちゃんに「Still water,please」って言った.

このとき,Stillを「スティール」って発音したんだよ.
したら『はぁ?』みたいな対応だったから,言い直したら

店員『え?あぁスチールウォーターね』

ああ,なるほど.スチールが正しい発音なんだ.それももう覚えた.

この理解が後にまた失敗を呼ぶことになるとは,その頃の私には知る由も無かったのである.




その後,ホテルの部屋で飯食って,ひまだったからPSPの「アーマード・コア ラストレイヴン(以下ACLR)」をしてた.
キーアサインをいろいろいじった結果,W鳥マシができるようになったがリムファイアーに勝てない.
じょ,冗談じゃ・・・

21時頃就寝. banner_12.gif
[ 2010/04/03 00:27 ] イギリス | TB(0) | CM(2)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。